アクセス解析・SEO

201506/04

Googleアナリティクスの閲覧回数と閲覧人数はどこを見たらわかる?

Googleアナリティクスの閲覧回数と閲覧人数はどこを見たらわかる?

イワサキです。
皆様、アクセス解析見てますか?
お客様のところにアクセス解析レポートをお持ちすることもあれば、定期的に見ていただくルールにさせていただいている会社様もありますが、大体、というか、ほぼ100%、初回で必ず尋ねられるのはこれです。

「Googleアナリティクスの閲覧回数と閲覧人数はどこを見たらわかりますか?」
「セッションとユーザは何が違いますか?どっちが人数ですか?」

Googleアナリティクスの画面で見ると下記のようになります。
(各項目上のピンク色の文字を見てください)



イワサキAとイワサキBとイワサキCという3人の閲覧者がいたとします。
ある日サイトを、イワサキAは1回、イワサキBは2回、イワサキCは5回見たとします。
この場合、1日のセッション数(見ている回数)は8回、ユーザ数(見ている人数)は3人となります。

本当は1回目と2回目の見る時間の差だとか、閲覧環境の差だとかにより、「1セッションとカウントされるかどうか」「1ユーザとカウントされるかどうか」などの条件が細かくあるのですが、まずアクセス解析を見てみたいという方は、上記のようなイメージで考えていただいて大丈夫です。ぜひサイトのアクセス数を確認してみてくださいね。


次は山田さん、よろしくお願いいたします!

 
カテゴリー
アクセス解析・SEO
投稿者
イワサキ

ページの先頭へ戻る

WEB CREATIVE とは?

ウェブクリエイティブ社内

お客様のWEBビジネスを徹底的にサポートいたします

WEBサイト(ホームページ)一筋に作り続けて10年。岡山のホームページ制作会社。ウェブクリエイティブは、WEBの企画/制作・デザイン・WEBアプリケーション・プログラミング・システム制作・コンテンツの制作を専門に行うクリエイター集団です。

詳しく知りたい方はこちら